消防設備保守点検業務全般

消防整備保守点検業務全般

株式会社オオトリでは安全な環境を守るため、一人ひとりが高い防火意識を持ち適正な消防設備点検を実施しています。

消防設備点検とは?

消防法では、防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)に対し、設置されている消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務付けられています。

点検期間と内容

機器点検…6ヶ月に1回    
総合点検…1年に1回

主な消防用設備等

  • 消火設備…屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、不活性ガス消火設備など
  • 警報設備…自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備など
  • 消防用水…防火水槽など
  • 避難設備…救助袋、緩降機、誘導灯など
  • 消火活動上必要な設備…排煙設備、連結送水管など
タイトルとURLをコピーしました