熱中症を防ぐために大切なこと

全国的に各地で梅雨明けし夏本番を迎えますが、そこで気をつけなければならないのが熱中症です。毎年熱中症によるニュースなどを目にする機会も多いですが、自分は大丈夫だと思っていませんか?いつなるかも知れない熱中症の症状と対策を、ご紹介します。

こんな症状がでたら熱中症サイン

熱中症のよく見られる症状には、めまいや立ちくらみ、足がつる、頭痛、吐き気、強い倦怠感などがあります。ほかにも立ち上がれない、息が荒くなる、手足がしびれる、動悸、筋肉痛、下痢など、熱中症による体調不良の症状は人によっても違います。

熱中症の予防

  • 水分補給…のどの渇きを感じる前に、こまめな水分や塩分を補給しましょう
  • 日除け対策…屋外出るときは、帽子や日傘などを使用しましょう。またジョギングなどの運動をする際は、できる限り涼しい時間に行いましょう。
  • 室内…室内にいる場合は、カーテンなどで直射日光を遮り室温の上昇を抑えるのも効果的です。また我慢せずエアコンや扇風機なども使用することも大切です。

熱中症の応急処置

  1. 日陰や涼しい部屋に移動させて、横にします。
  2. 脚は少し高く上げ、衣服を緩め、靴下を脱がせます。
  3. あおいで風を送ったり、氷のうやぬれタオルで体を冷やしたりします。首筋やわきの下、脚の付け根の前面など、太い静脈が体表近くにあるところが効果的です。
  4. 水分や塩分を少しずつとらせます。その際、自分で飲んでもらうことがポイントです。無理に飲ませるとむせて肺に水が入り肺炎を起こす危険性があります。
  5. 症状が改善しない場合は、医療機関を受診してください。
タイトルとURLをコピーしました